2017年2月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

よくある疑問にお答えします

こちらではペット保険についてよくある疑問にお答えしていきます。
ただ、なるべく一般的な回答をしていこうと思いますので、一部の保険会社とは違った回答となっている可能性もあります。
こちらで一般的な回答をみたうえで、利用しようとしている保険会社の条件などをしっかりと確認してください。

・利用条件について
ペット保険の利用条件としては、多くの会社は健康で8〜9歳くらいまでの年齢のペットに限ります。
健康診断などを受けることを条件としている会社もありますので、そういった事情については各会社に問い合わせてみましょう。
病気や怪我をしているペットの場合、その症状が一過性のものの場合は審査に通過できることもあるようです。

・保険料について
保険料は各会社によって変わるのですが、一般的には小型のペットより大型のペットの方が保険料が高くなっています。
やはり、大型のペットは手術費用などが高くなる傾向があり、小型のペットより保険料が高めなのです。
また、ペットの年齢が上がっていくたびに、保険料についても上昇していきます。
保険料の支払いは大体クレジットカードで行うことが多くなっています。

・必ず入会しなければなりませんか?
これについては賛否両論あり、どちらとも言えないというのが正直なところです。
ただ、ペットが大きな怪我や病気になった時に、大きな助けとなるのは確実です。
我が家にも猫が一匹いて、私はその猫と7年ばかり暮らしましたが、一度も大病になることもなければ大きな怪我をしたことはありませんでした。
だからといって、ペット保険に入る必要がないとは言い切れません。自動車の任意保険を「別に事故起こさなきゃ大丈夫でしょ」とした理由で入らなくてもよいといえないのと同じ感じです。

ただ、大型犬などを所有している方は賠償責任特約については加入しておくことをお勧めします。
大型犬を散歩させていて、小さな子供に噛み付いて大怪我を負わせてしまったという事件があることも考えられます。
そうなりますと、多額の賠償金が発生することもありえますので、そういった点も考えると大型犬をお持ちのかたはペット保険に加入しておいたほうがよろしいでしょう。

いずれにしろ、他の保険と同じく「何かあってからじゃ遅い」という保険ですので、ぜひペット保険への加入もご検討ください。

Comments are closed.